季節外れ怪談話 パート3

FPグループの前田です。

 

今回のネタは、恒例?の季節外れ怪談話です。
無事?、3回目を迎えられました!

 

何事も継続できることは良いことだと思っております。

 

去年の夏、法事で徳島へ行った時の出来事です。

 

当初は5月GWに法事を行う予定でしたが、
折角なので8月に変更し阿波踊りも一緒に見学したらと
叔父から申し出があり、それに甘えることになりました。

 

早速、宿の手配と思いましたが徳島駅(阿波踊り会場)に近いところは
すべて満室になっており100万人を超える動員数は伊達じゃないなと思いました。

 

そこで叔父に相談すると、「宿坊(お寺の宿泊施設)なら空いていると
思うので問い合わせてみるよ。」ということになり、
後日、無事宿を確保することが出来ました。

 

宿坊とは主にお遍路さんが素泊まりするところで、
畳の部屋一つで風呂やトイレは共同の簡易的な宿です。

 

当日、阿波踊りを一通り見学した後、宿に到着し一段落すると、
一緒に来ていた妹夫婦に用事があることを思い出しました。

 

時間は夜11時を過ぎたころだったと思います。

 

妹夫婦の部屋の前まで行き、ドアをノックして待っていると、
何か人の気配がするので横を向くと一番突き当りの部屋の前に
金髪の女の子が見えました。

 

薄暗がりの中、全く動かないので今度こそ見えてはいけないものが
見えてしまったと思い、何もなかったかのように目をそらしました。

 

丁度、妻も部屋から出てきたので、
あの奥の人見える?と尋ねると一瞬驚いていましたが、
「どうしたの?」とその女の子に向かって話しかけました。

 

それでも女の子が動かないのでもう一度、
「部屋に入れないの?」と話しかけると、
女の子は肩をすくめ両手の手のひらを上に向け首を傾けました。
(分からない時のお決まりのポーズですね。)

 

それから女の子は部屋を指さし、×のジェスチャーをしたので
恐らく鍵が掛っていて中に入れないんだなと思いました。

 

次の朝、朝食会場に行くと昨日の女の子の家族らしき一行が
見えたので安心しました。

 

家族全員が箸を不器用に使って食事をしている姿は
ほのぼのとしていました。

 

ここからは想像ですが、折角来たのだから日本文化に
触れようとして宿坊に泊まったのではないかと。

 

そう思うと日本人として大変有難く思い、
そして自分も異文化に触れる機会を増やしていこうと
思った今日この頃です。