VRが来た!

ICTグループの早川です。

 

流行りのVRゴーグルを買いました。
HTCのViveです。最近、上位モデルのProが発売されました。

 

市販化されている製品の中でも高性能なものでゴーグルのほかに、
グラフィック性能の高いPCが必要で、アウトサイドイン方式という外部センサーで
トラッキング(ゴーグルやコントローラーの測位)をするのでセッティング
(トラッキングセンサーやルームスケールの設定など)も面倒なのですが、対応ソフトも
豊富でunityをはじめとした開発環境をそろっていたりでいろいろと楽しめます。

 

スマートフォンを入れて使うようなゴーグルとは比べ物にならないような没入感でした。
コンテンツはまだまだ技術デモに毛が生えた程度のものが散見されますが、外部機器の
不要なオールインワンタイプの物や普及帯の廉価なものが続々と登場しているので、
コンテンツ不足で廃れることはないのかなと感じるところです。

 

一つ思うところは、
ボタンをポチポチ押すようなゲームに対して操作感が直観的ゆえに大味になりがちで、
ゲームセンターにおいてあるような体感型ゲームの延長に過ぎないと感じています。
コントロール手段とプレイヤーへのフィードバックの強化がこれからの課題だと個人的には
思います。

 

VR chatという仮想空間で3Dのキャラクターに扮してボイスチャットができるソフトが
あって、私はこれをよくやります。
自キャラは腕や足しか自分からは見えませんが自分の体のように操れるのは新鮮です。
まだ、リアルの体の動きに頼っていますが、川原礫作品のような、実際の動きを伴わない
夢を見るような感覚のVR体験がいつ登場するのかと思う今日この頃です。