今年もJリーグ、面白い。

こんにちは!プロダクト開発事業部 市村です!

 

海外サッカーも面白いですが、Jリーグも面白いです!

という事で、勝手にJリーグ盛り上げ企画!

まずは知ってもらいたいので現状の順位の紹介

 

Jリーグ第30節終了時点の順位

 1 川崎フロンターレ    60
 2 サンフレッチェ広島   56
 3 北海道コンサドーレ札幌 48
----ACL圏内----
 4 FC東京         46
 5 鹿島アントラーズ    46
 6 浦和レッズ       45
 7 セレッソ大阪      44
 8 清水エスパルス     43
 9 ベガルタ仙台      42
10 ガンバ大阪       39
11 横浜F・マリノス     38
12 ヴィッセル神戸     37
13 湘南ベルマーレ     36
14 名古屋グランパス    34
15 ジュビロ磐田      34
----プレーオフ----
16 サガン鳥栖       33
----降格ライン----
17 柏レイソル       33
18 V・ファーレン長崎    29
 
リーグ戦も残り4試合、

まずは上位、

優勝争いは、川崎と広島にほぼ限られてきましたが、

6試合負け無しで安定感のある川崎、

5試合勝ちの無い広島ということで、

勢いがやや川崎有利か・・・

(小生は9年ほど、フロンターレサポーターです。連覇に期待!!)

 

そして・・・ACL圏内枠が壮絶です。3位札幌の勝ち点が48です。

勝ち点6差の中に、なんと6チームがひしめき合っています。

果たしてこの中から、3位となりACL出場権を勝ち取るのはどのチームなのか

これは今後どうなるか予測が難しいです!

 

逆に残留プレーオフにいる16位鳥栖の勝ち点が33です。勝ち点6差が10位大阪と・・・恐ろしい・・。

なんと中位のチームは勝てばACLのチャンスが、負ければ残留争いが。。

とかなり詰まっており、油断できない状況です。

こんな順位表になるリーグは、ほかにないリーグではないでしょうか。

どの順位でも試合の重みはすごいものがあります。

 

続いて得点ランク

 1 ジョー(名古屋)    21
 2 パトリック(広島)   20
 3 小林(川崎)      15
 4 ファン ウィジョ(大阪)14

 

上位の各チームのエースが名を連ねていますが、1位はなんと14位の名古屋のエース、ジョーです。

確かに、元セレソンで前評判は非常に高かったですが、最初は思ったようなプレーができず、

チームと共に不調。

しかし、ここ数か月でゴールを量産するとチームもダントツ最下位を脱出。

完全復活と言えるでしょう。残りの試合でも量産の予感がします。

ここまで上から下までが拮抗しているからこそ、他にはない面白みがあると思います。

 

また、日本代表 森保JAPANに召集されたGKも

G大阪(東口)は10位、鳥栖(権田)は16位と下位チームからも選出がありました。

順位だけ考えれば選ばれにくいですよね。こちらも拮抗しているからこその選出ではないでしょうか。

 

このように、予想が難しいJリーグ。

今年はフェルナンド・トーレスやイニエスタで話題性はありましたが、

それ以外にも拮抗した順位、試合結果を予想するなど楽しみ方は多々あります。

是非、注目してみてください!

 

それでは('ω')ノ