防災バッグ中身どうする?

こんにちは!プロジェクト開発事業部 市村です!

 

みなさん防災してますか?

 

先日、関東地方に台風が直撃し千葉県で甚大な被害が生じましたが、
実家でも停電が発生、約3日間電気の無い暮らしを強いられました。
そんな体験もしたので、今日は防災バッグについて考えてみたいと思います。

 

例えば賢明なあなたは災害時何日か耐えられるように物資を準備していたとします。
しかし、家が倒れそうになったり、火事が迫ったりしている場合、緊急に家を飛び出さないといけないような時があります。
そのような時にバッグに詰めている余裕はありません。
そんな時に便利なのが防災バッグです。

 

これ一つ持って飛び出せればいい状態に準備しておくことが大事!
備えあれば憂いなしです!

 

さてさて、ここまでは理屈でわかっている方も多いと思いますが、具体的に何を入れるか・・・というのは難しい問題です。
迷ってる人も多いのではないでしょうか?

 

では中身を考えていきましょう

 

★ライト(&ラジオ&手回し発電&スマホ充電)

まずは、ライトです。
災害が来るのは明るい時とは限りません、暗い中ものを探したり、救助を待つのは危険です。
ということでライトです。
電池式だけでなく、手回し充電式で、さらにラジオやスマホ充電機能の付いた商品もありました。

 

★ランタン

LEDランタンのような全方位明るい光源も拠点作りには便利です。

 

★エアマット

防災用はストローやポンプで空気を入れるだけでマットになり固い避難所の床から身を休めることができます。
予算やアウトドアで使いたい人はキャンプ用のを買ってもいいかもしれませんね!

 

★レスキュー寝袋・レスキューシート

簡易的な寝袋と、ブランケット代りになるシートです。避難所で使う分には十分だと思います。
コンパクトなのが魅力的です。

 

★保存水 保存食

市販のペットボトルの水と違い長期間保存の効く水です。7年持つようものもあるので買い替えが楽です。
保存食も長期間保存できるものを蓄えておくと便利です。

 

★トイレ

断水が復旧するまでの間、トイレが使えないこともあります。凝固剤を使うタイプや縛るだけのタイプがあります。

 

さてさて、色々書きましたが、このようなものがまとまって入っているセットがあります。
実はこれを見ながら書いたんですが( 笑)

 

災害の直後などマスコミが特集して売り切れる前に買っておきましょう。

アウトドアでも使えると思います(^-^

 

ではでは?