『新入社員研修 真っ最中!』

                                  代表取締役 大和田 直司

 

 

 

  新入社員研修が始まって、ちょうど1ヶ月が経ちました。

 

毎日出される研修カリキュラムは、質量ともにハードで、悪戦苦闘しながらも

新人の皆さんは、必死でついてきてくれています。

 

設計の知識やCADの操作のようなスキルをマスターすることも大切ですが、

夢や希望を持って入ってきた社員だからこそ、社会人になって感じる理不尽

(理想と現実のギャップ)をどう埋めていくか、その考え方を教えていくことも

大切です。

 

この理不尽に悩みだすと、あまりいいことはありません。

 

目の前の仕事(研修)に集中し、お客様のお役に立てる自分になることで、

自分のやりたい仕事や将来への道が開けていきます。

 

今は、やりたいことを封印!

 

まずは、あれこれ悩まず、自分が必要とされるポジションを作ってください。

 

 

 新入社員を短時間で、人在 ⇒ 人材 ⇒ 人財へと育てていくためには、

私が、教育するのが一番良いと考えています。

 

なぜならば、会社の業務を一番把握しているからです。

 

設計の知識から、日々変わる業界の時流やお客様の変化に対応し、

会社や社員を背負い、文字通り人生をかけて仕事をしていますので、

責任感や主体性は、申し訳ありませんが、一般社員とは比べものに

ならないと思っています。

 

しかしながら、仕事のやり方や社会人としての心構えを日々の業務の中で

教えることが出来るのは、やはり身近にいる上司や先輩社員です。

 

「仕事が充実していて、教えてるヒマがありません」と言われるかもしれませんが、

人に教えることによって、自分の知識をさらに深めることができ、成長評価に

おける「部下の指導育成」のポイントを上げる良い機会にもなります。

 

何よりも、部下や後輩の成長に、どれだけ本氣で取り組めるかが、

自らの信頼性の向上につながっていくのではないでしょうか。

BLOGのトップへ
  • カレンダー

    2022年8月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 月別 アーカイブ